中国で性病が猛威をふるう。梅毒感染者は日本の300倍。クラミジア、淋病は多すぎて把握できず。

梅毒が中国で猛威を振るっています。
中国衛生部が発表した「全国法定伝染病疫情状況」によると、
2013年度の梅毒感染者数は40万6772人にも登るそうです。

これは15年前の10倍以上であり、
人口10万人あたりの感染者数は約30人となります。
潜在的な感染者は数多く、夫婦間感染や母子感染が
大きな問題となっています。

日本の梅毒感染者数は10万人あたり0.1人以下であることからも
中国の梅毒感染者の異状な多さが浮き彫りになります。

中国人にとって淋病やクラミジアなどのライトな性感染症は、
風邪のようなもので、薬局で処方箋なしで買える抗生物質を
服用して治す人がほとんどであるとの驚きの報告があり、
中国当局は性病の猛威を把握もできていない状況です。

中国では、性行為を経ずとも公衆浴場やプールなどで感染してしまう例も多く
上海のホテルに宿泊した3歳の男の子を含む一家6人が、
尖圭(せんけい)コンジローマに集団感染するという事件も起きています。
清掃の不十分なホテルの浴槽やベッドが感染源と疑われています。

中国へ行った場合、危険な行為をしなかったからと
安心することはできません。

【感染大陸中国】梅毒感染者40万人! 淋病やクラミジアは風邪のような扱いなんて…
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141009/frn1410091550001-n1.htm

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク